「ひじき」はステンレス窯になっても鉄分豊富

健康 0

鉄分豊富である食品として挙げられる「ひじき」。

2015年の日本食品標準成分表の改定により「ステンレス窯」と「鉄窯」で表示が分けられた。

鉄窯からステンレス窯へ

日本食品標準成分表(藻類)を見てみると、「ひじき」の鉄の含有量は、

「ステンレス窯、乾」6.2mg/100g

「鉄窯、乾」58.2mg/100g

となっている。

「ひじき」の鉄の含有量は、鉄窯かステンレス窯かで9倍もの差ができる。

最近はステンレス窯が主流の為、ほとんどのひじきの鉄分は1/9になっているといわれている。

とはいえ牛レバーより多い

ステンレス窯で調理されたひじきの鉄の含有量は6.2mg/100g。

これは牛レバー4.0mg/100gよりも多い。

ちなみに、鉄分豊富と言われているホウレンソウは0.9mg~2.0mg/100g。

ステンレス窯になったとはいえ、ひじきが鉄分が多めであることは違いありません。

一番鉄分が豊富な食品は

調べてみた限り、一番鉄分の多い食品は煮干し(カタクチイワシ)で18mg/100gとひじきの3倍でした。

鉄の量よりも食べやすさも大事

いくら鉄分が多くても必要な量が食べられなければ意味がありません。

成分表ばかりに気を取られず、健康的な食生活を意識していきたいですね。

おやつに煮干しミロがオススメです。